森の暮らし

早朝,お散歩に出かけると,近くの木立からはにぎやかなエゾセンニュウのおしゃべりが聞こえます.遠くの林からはキジバトのだみ声が,上空ではオオジシギが凄まじい羽音を響かせて飛び回っています.もうすぐ,ウグイスもやって来るはず.雪が解けて,にぎやかな春を迎えつつある道東です.

今回ご紹介するのは,そんな豊かな自然を満喫できる林の中の平屋建て住宅です.弟子屈町の市街から国道241号線を阿寒湖畔方面に向かうこと,約10キロほどの奥春別(おくしゅんべつ)地域にあります.国道からやや入ったところで,廻りは白樺などの木々が生い茂るとても落ち着いた環境です.

 

玄関はスロープになっていて,車椅子でも楽に出入りができます.平屋建てなので,年配の方など足腰が弱ってきている人でも不自由無く住める家になっています.

居間にはダッチウエストの薪ストーブがあります.とはいえ,この家は温泉熱を使った床暖房なので,薪ストーブは火を楽しむオマケみたいな存在です.外の薪小屋には薪がたっぷり残っています.

居間の窓からは白樺の林が見えます.もうすぐ葉っぱが出てきたら一面の緑に囲まれるでしょう.

お風呂は温泉なのでとても大きく,ゆったりしてます.

雨の日もバーベキューができる小屋もあります.車が2台入る車庫もあって至れり尽くせりの物件です.

物件の詳細はこちらから.

投稿者: 辻谷

有限会社 大道開発 代表取締役 宅地建物取引士・一級建築士 趣味は料理と音楽鑑賞(特にジャズ)