温泉源付きの格安物件

鶴居村の雪裡(せつり)という場所にある,温泉源付き物件のご案内です.広大な自然林に囲まれた敷地で,中古の建物と温泉源が付いています.建物は住むにはちょっと不便かもしれませんが,週末にお風呂を楽しみに来て寝泊まりする分には充分で,大きな内湯があります.

温泉源付き土地

建物の裏手が小高い丘になっていて,そこに上がると阿寒の山々が一望できます.現在はカラマツの木があってご覧のようにちょっと景色が見えにくいですが,これらの木を伐採すればすばらしい眺望が得られます.丘に登る道路を造成して,眺めのいいところに新たに家を新築するのも良いと思います.

阿寒の山々

別の場所で視界が開けているところで撮影したのがこの画像です.右手に雄阿寒岳,左手に日本百名山の一つ雌阿寒岳が見えます.
温泉はアルカリ性単純温泉で,46度のお湯が毎分400リットルも湧出します.これだけあれば複数の家で利用できます.


場所は釧路空港から車で1時間弱,道東道の阿寒インターチェンジからも40分ほどの距離です.

詳しい資料はこちらから.温泉源が付いてこの価格はお買い得です.

屈斜路湖畔の保養所施設

hk01

屈斜路湖畔,仁伏(にぶし)温泉にある温泉源付き大型物件です.もともとある会社の保養所施設だったので,建物の分類としては宿泊施設と同じ,営業も可能です.

hk02

客室は1階に4室,2階に8室の計12室,いずれも和室のしつらえです.

hk03

こちらが1階のラウンジ.湖畔からは約100メートルの至近で,静かな自然あふれる環境です.

hk04

附属建屋としてバーベキューハウスもあります.

hk05

こちらが浴場です.敷地内にある温泉源からは豊富な温泉が湧き出ます.温泉源の権利付きですので,もちろん温泉は使い放題です.

これだけの内容ながら,破格の安値となっています.ぜひご検討ください.詳細はこちらから.

南陽台の小さな家

今回ご案内するのは15坪あまりの小さな家です.

2016050201

川湯温泉のはずれ,南陽台という分譲地にある温泉付き中古住宅で,弟子屈町の空き家バンク登録物件です.

2016050202

実はこの家,冬期間に空き家になっているときに温泉管が破裂して家の中が湯気だらけになってしまいました.そのため,天井の一部のボードが落ちていて張り替える必要があります.

で,そんなときに便利なのが空き家バンク制度です.買主は家の補修にかかる費用の二分の一まで,上限50万円までの補助を受けられるのです.ただし,弟子屈町に住民票を移し住む方が条件になります.
この空き家バンク制度,昨年の5月から運用されていますが,弊社ですでにたくさんの方にご利用いただいています.

2016050203

さて,物件の紹介に戻りますが,ほぼワンルームでロフト付きの間取りです.これは2階のロフト部分.天井の高さはちょっと低いですが,寝室にするなら問題ないと思います.

2016050204

ロフトから下のリビングをのぞいたらこんな感じです.

小さいながらもちょっとした家庭菜園が出来る土地も付いています.小さな家ですので価格もお求めやすい設定かと思います.気軽に温泉付きの生活を楽しんでみたいという方にお勧めです.

なお,川湯温泉というと強酸性で硫黄のにおいがする温泉を思い浮かべる方が多いと思いますが,ここの温泉は全然違ってpH8.22,無色透明,無味,無臭のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉です.

大道開発の物件ページはこちらからどうぞ.

湖畔の森のオーベルジュ

屈斜路湖畔にある居抜きのオーベルジュのご案内です.かつては「鴟(ふくろう)のねじろ」として,その後宿泊部門をお休みしてからは「ランチ・デリ Hale(晴れ)」という名前で2014年まで営業していたお店が売り出しとなっています.

No-532-013a

屈斜路湖畔は国立公園のなかでも自然環境や景観を守るための厳しい建築規制がかかっているため,建物はあまり多くありませんが,この物件はそうした数少ないものの一つで,深い森の中にある環境抜群の立地です.

場所は砂湯と池の湯の中間くらい,湖とは反対側にあります.道路から30メートルは規制で建物を建てられないので,ちょっと奥まったところにあります.

No-532-024a

入り口はこんな感じ.気をつけないと見過ごしそうですね.看板も規制があって派手な色は使えません.

建物の構成はレストラン棟,それに隣接して宿泊棟と浴場棟,少し離れて住宅があります.

No-532-014a

宿泊棟へのアプローチです.左がレストラン棟,正面奥が宿泊棟です.その右側に木立に隠れていますが浴室棟があります.

レストランは厨房器具がそのまま残っていますし,宿泊棟の部屋も家具付きの居抜きですので,すぐにも営業ができます.

016

厨房の画像です.業務用の冷蔵庫,食洗機,大きなワインセラーもあります.

No-532-012a

レストランは各テーブルが間仕切りで仕切られていて,落ち着いた雰囲気です.

No-532-022No-532-023Ya

こちらは宿泊棟の客室です.3部屋ありますが,インテリアは全部違います.輸入品の高級家具も備え付けです.

もう一つ,この物件は温泉源が付いています.宿のお風呂はもちろん,住宅のお風呂も温泉となっています.泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉(弱アルカリ低張性高温泉)です.

No-532-017

こちらは宿の内湯です.露天風呂もあります.

No-532-028

こちらが住宅です.二世帯で暮らすことが出来る約50坪の広さですし,高齢者の方でも不便が無いようにトイレが付いた寝室も備えています.

お店の営業はとても順調でしたが,ご家族の都合でやむなく手放すことになりました.ご両親と一緒に暮らしながらオーベルジュを経営したいといった方に向いた物件です.

大道開発の物件データはこちらです.

シラルトロ湖温泉

2016042302

今回ご案内するのはシラルトロ湖畔の中古住宅です.最大の特徴はOMソーラーのシステムを備えていることです.エコロジカルな省エネ住宅です.そして,お風呂は温泉が利用できます.

2016042303

屋根に集熱パネルが付いています.ここで温められた空気が床下に送られ補助暖房として機能します.

2016042301

これは湖の対岸,「憩いの家かや沼」からの遠景ですが,ご覧のように斜面に沿ってたくさんの住宅・別荘が建っています.現在,弊社で90軒ほどに温泉を供給しています.

釧路市街からも車で30~40分程度,通勤圏です.

2016042304

シラルトロ湖は夕日がきれいなところです.これは以前私が撮影した夕日です.きれいな夕日を眺めながら温泉でゆったり,そんな贅沢ができる物件です.

詳しい資料はこちらからどうぞ.

コタン温泉

弟子屈町には二つのカルデラ湖「摩周湖」と「屈斜路湖」があります.どちらも日本一だそうで,摩周湖は透明度,屈斜路湖はその大きさを誇ります.

屈斜路湖

画像は藻琴山側から見た屈斜路湖で,湖の中央に中島が,遙か遠くには雄阿寒岳が見えています.
摩周湖は高い位置の展望台から遠くの湖面を眺めるだけで,湖の近くに近寄ることはできませんが,屈斜路湖のほうは釣りをしたりボートに乗ったり湖畔でキャンプしたりとより身近に親しむことが出来ます.
今回ご紹介するのは屈斜路湖にある釧路川の河口にも近い「コタン温泉」の物件です.
場所はこちらです.

ここに弊社が所有する泉源は平成6年に掘削したもので,湯温が58℃のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉).ほとんど無色透明,無味無臭の癖のない温泉です.

コタン温泉物件外観

その温泉が浴用で使える中古住宅がこれです.一部2階建てで,居間とダイニングキッチンの他に個室が3部屋あります.浄化槽付きなのでトイレは水洗です.車庫があるので,ジェットスキーやカヌーを収納するのにも便利です.

コタン温泉物件居間

南側と西側に大きな窓がある居間は日差しがいっぱい入ります.

コタン温泉物件眺め

屈斜路湖の湖畔から直線でおよそ200メートルの近さにありますので,2階の窓からは屈斜路湖の湖水も眺められます.この画像では木々が邪魔をしていてわかりにくいですが.
屈斜路湖での釣りやボート遊びの拠点にぴったりだと思います.
より詳しい情報は大道開発のサイトのこちらをご覧ください.

また,近くには温泉供給可能な土地だけの物件もございます.14 496